東京の開業支援・バーブル行政書士事務所

のお客様の声

少しでもお困りならぜひ気軽にお尋ねください

飲食店の開業に向けてサポートを必要とされる方からのお問い合わせを24時間いつでも承っておりますので、少しでもお困りになりましたら気兼ねなくご相談ください。十分に時間をとってご相談内容を丁寧にヒアリングしつつ、それぞれの業態に合わせた手続き代行、事業計画書の作成、創業融資や給付金・補助金の活用などの開業支援について、実績多数の行政書士の観点からアドバイスいたします。

特定の方法を選択するよう強要することは決してなく、ご相談者様が心から納得のいく決定をしていただけるよう丁寧に寄り添います。

営業許可申請の手続きでお困りの方をサポートいたします

飲食店の開業や許可、資金調達に関するお悩みやお困りごとがありましたら、ぜひお早めにご相談ください。レストランやカフェ、バー、居酒屋、スナックやキャバクラといった飲食店を開業するためには、管轄の保健所において必ず営業許可を取得しなければなりません。提供するメニューやサービス、時間帯によって申請手続きが異なり、形態によっては喫茶店営業に該当したり、菓子製造業やそうざい製造業などの許可が必要であったりと、事前に綿密な調査をして的確な手続きを行うことが重要です。

許可を取得するためには、経営者として欠格事由がないこと、食品衛生責任者を配置することなどが定められています。また、お店の設備や構造に関する法律を遵守しているかどうかを保健所の担当者が検査しますので、そのための準備や立ち会い作業も必要です。「何を、どこから準備したらよいかわからない」とお困りの方を丁寧にサポートいたします。

ご計画通りに進むよう東京で充実の開業支援サービスをご提供

「面倒な手続きを全部任せ、開店準備に専念できた」「希望する日にお店をオープンさせることができた」「不安や心配から解放されて、晴れやかに開業日を迎えることができた」など、喜びのお声が多く寄せられております。飲食店を開店させるためには多くの手続きが必要であり、書類の提出先も保健所、消防署、警察署と多岐に亘るため、それらを開店準備と並行して進めるのはたいへんです。

飲食店で働いた経験をお持ちの方でも、ご自分で独立して店舗を開店させるとなれば、「どのような手続きが必要か」「どれほどの時間がかかるか」といった点がわからず、オープンの予定日を決めるのも苦労されるかもしれません。そのようなお悩みを解決するために、開業に必要な申請手続きをワンストップで代行し、ご希望に応じてスムーズな資金調達もお手伝いいたします。まずは電話やお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

持続化給付金のことでお悩みならお気軽にご相談ください

持続化給付金・補助金をはじめ、家賃支援給付金、東京都や市区町村が独自に設けている給付金などは、それぞれの条件を満たしていれば必ず受け取ることができ、返済の義務もありません。しかし、個人で行うオンライン申請の段階で何らかのミスや漏れがあったり、添付書類が不足していたり、申請したものの実は要件を満たしていなかったことに気付いたりと、予想外のトラブルが起こって無駄な時間や労力を費やしてしまう可能性があります。

時間的、体力的なロスを回避し、新型コロナウイルスに関連した経営危機を首尾良く乗り越えていけるように、飲食店に特化した開業支援サービスを提供するエキスパートとして徹底的にサポートいたします。「制度について詳しく知りたい」「自分が給付対象かどうかを知りたい」「できるだけ早く受け取りたい」など、それぞれのご希望に合わせてフレキシブルに対応しております。